歯医者でいびきや無呼吸症候群を解決|歯の健康を保つ隊

歯科

呼吸が止まる

歯磨き

睡眠時に呼吸が一時的に停止してしまう状態を睡眠時無呼吸症候群と呼びます。一般的には睡眠1時間に5回以上の無呼吸状態があることを言います。必然的に眠りが浅くなるので、起床時の頭痛、疲労感を感じます。また、日中には集中力や記憶力の低下が起きます。睡眠時無呼吸症候群は重症になれば、死亡率が4倍上昇すると言われています。日中に強い眠気に襲われることから、居眠り運転、労災災害を引き起こす恐れがあります。単純性いびきであれば問題はないものの、睡眠時無呼吸症候群の場合には早期発見をして歯医者で治療を行う必要があります。自分に合ったマウスピースを作成し、睡眠時に装着することで深い眠りにつくことが出来ます。

いびきを軽減させることが出来る予防グッズというものが多く販売されています。このようなグッズというのは、ドラッグストアやインターネット通販で気軽に購入することが出来るようになっています。では、どういった商品が販売されているのか一部紹介します。・ストッパー様々なタイプがあります。枕の下に敷いて利用するものでは、センサーがいびきを察知することにより枕下に置いている本体が振動します。振動を感じることで自然と喉が広がり、呼吸しやすくしてくれます。腕に装着するタイプでは、いびきを完治することで微弱な電気波動を与えます。そして寝る位置を自然に変えて呼吸しやすくします。・マウスピース就寝時に装着することで、舌の付け根や気道まわりの筋肉を強化します。歯医者に行かなくても購入することが出来るものも多くあります。・サプリメント筋肉の働きを活溌にする役割があるので、寝ている時に筋肉が緩まず、正常な状態にすることが出来ます。